川崎エリアで会社設立するための準備

会社勤めをしていれば、毎月収入が得られる安心感があります。しかし、もっと自分の自由な考えで仕事をしたいと考えるなら、個人で事業を行うのがおすすめです。個人で始める方法はとても簡単で、税務署に開業届を出すだけで今すぐにでもフリーランスとして仕事をこなすことができます。フリーランスで行っているうちに事業の規模が大きくなり、法人に切り替えたいと考えるようにもなってくるでしょう。法人として事業を行うなら会社設立の手続きをしますが、川崎エリアで設立したいと考えるなら、エリアを管轄する各公的機関に届けを出さなければなりません。書類を作成したり色々と準備を進めていかなければなりませんので、設立を考えるなら早めに行動に移してスムーズに手続きを終えられるようにしましょう。

定款を作成して提出する義務がある

個人で事業を開始するには開業届を提出するくらいでしたが、会社設立を川崎で行う場合、必ず定款という書類を作成しなければなりません。定款は会社の規則を記述した書類のことです。社名と事業内容、本店所在地や事業年度など、会社にとって基本的な情報を漏れなく記入します。作成を終えたなら管轄する公証役場に提出し、認めてもらうようにします。記述間違いや漏れが見つかると書き直す手間がかかってしまいますので、提出前に何度も確認することをおすすめします。登記書類の提出も必要です。こちらの書類は法務局に提出します。発起人決議書や発起人会議事録、代表取締安選定書など、様々な書類の種類がありますが、会社の形態によって必要書類が違ってきます。書類の端をホチキスでとめるなどしてバラバラにならないようにしましょう。

手続きに必要なお金を準備しておくこと

会社設立を川崎で目指す場合、管轄の各公的機関に書類を提出するだけでは済みません。手続きにはお金が必要になってきますから、その分のお金を事前に準備しておいてください。形態によって必要な金額が違ってくるものの、一般的な株式会社を選んだ場合、おおよそ25万円の費用が必要になってきます。割と大金ですので、給与や事業収入で獲得したお金をこの時まで貯金しておくと慌てません。内訳ですが、定款に貼り付ける収入印紙を4万円分用意します。電子定款を利用すれば不要です。公証役場に提出する際に、公証人に手数料として5万円を支払わなければなりません。登記手続きの定款の謄本手数料として、1ページにつき250円が発生します。同じく登記手続きの登録免許税として、少なくても15万円が必要です。

ご相談は無料!!経験豊富な税理士が親身に対応させて頂きます。お気軽にお電話を! 宮原税理士事務所は経理アウトソージングに対応しております。経理を外部に委託することにより従業員による不正や横領の抑止になります。 開業には税務署等にいろいろな書類を提出することが伴います。ご相談頂ければご安心して提出物を簡潔に提出することができます。 川崎で【会社設立】全力サポートいたします!